Pythonのスライス

スライスという機能を使うと、リストが持つ複数の要素を取り出すことができる。

array = [1,2,3,4,5]
print(array)
#配列の3番目から4番目を取り出す
print(array[2:4])
#配列の1番目から3番目までを取り出す
print(array[:3])
#配列の3番目から最後までを取り出す
print(array[2:])

結果はこうなる

[1, 2, 3, 4, 5]
[3, 4]
[1, 2, 3]
[3, 4, 5]

リストの連結

リストの連結は普通に「+」記号を使うことで実現できる。
「+」を使って連結することで、あたかも配列をくっつけたかのような処理を実現できる。

array = [1,2,3,4,5]
print(array)

array2 = [100,200,300,400,500]

array3 = array + array2

print(array3)

結果はこうなる

[1, 2, 3, 4, 5]
[1, 2, 3, 4, 5, 100, 200, 300, 400, 500]

Pythonのリストの他の記事

【Pythonでリストを使ってみる】
http://d.hatena.ne.jp/sho322/20130828/1377687462

今回勉強した本

みんなのPython 第3版

みんなのPython 第3版

  • 作者: 柴田淳
  • 出版社/メーカー: ソフトバンククリエイティブ
  • 発売日: 2012/08/29
  • メディア: 単行本
  • 購入: 1人 クリック: 13回
  • この商品を含むブログ (26件) を見る