プラセンタと一緒に取らない方が良いサプリを知りたい方が

多いようなので、考えてみました。

 

まず、プラセンタと良く似た働きをするサプリに、

マカがあります。

 

マカは、植物性の食品ですが、

エストロゲンという女性ホルモンとよく似た働きをします。

 

なので、更年期障害の改善や、

冷え性の改善、

生理痛の改善、

不妊症の改善などに効果があると言われています。

 

マカと、プラセンタサプリの働きはとても似ていますね。

では、プラセンタとマカは一緒に取らない方が良いのかというと、

そんなことはないようです。

 

というのも、マカプラセンタという、これら2種類の成分を含んだサプリが、

販売されているからです。

 

マカとプラセンタ2種類を飲むことによる、相乗効果を狙っているようです。

 

 

もうひとつ、プラセンタとよく似た働きのサプリに、プエラリアがあります。

 

プエラリアにも、エストロゲンとよく似た働きをする成分が含まれています。

この点も、マカと同じですね。

 

プラセンタとプエラリアは良く比較されています。

特にバストアップに関心の高い方が、プエラリアサプリに興味を持っています。

 

 

では、プラセンタとプエラリアサプリは一緒に取らない方が良いのというと、

これも、プラセンタとプエラリアを両方含んだサプリが販売されていることから、

特に問題はないと思われます。

 

ただし、その摂取量が問題です。

 

プラセンタをプエラリアを両方含んだサプリメントのホーム―ページには、

まず、プエラリアとの一緒に飲むのは、やめてくださいと、

注意書きがありました。

 

また、大豆イソフラボンを追加して取る時は、量を半分に減らして下さいと書いていました。

 

つまり、女性ホルモンに作用するサプリ類を

一緒に飲むのは構わないけれど、

量を半分にするなどして、

調整する必要があるということです。

 

女性ホルモンに対する効果が欲しいからと言って、

どちらも通常の分量を飲むと、

実際には、倍の量の成分を摂取していることになります。

 

やはり、一日に必要な成分の量をわかったうえで、

サプリを飲みたいですね。

 

ちなみに、プラセンタサプリのメーカーに、

一緒に飲んではいけないサプリを聞いてみても、

特にそのようなサプリはないという回答が返ってきます。

 

どちらにしても食品なので、格別に相性が悪いというサプリはないのでしょう。

 

しかし、摂取する量には注意をして、

様子を見ながら摂取した方がよさそうです。