看護師の兄と弟のゴム・ウォー

  • 探偵ナイトスクープ感想(田村裕探偵)。

愛知県、22歳の依頼。兄弟で20年続くゴム戦争。ジャンケンして、相手の体にゴムを打ち付ける。負けた依頼者に打ち付け、笑う兄。

いつまでやるのか?終止符を…。

20年間挑まれる。そろそろ終止符。パチンコ状で打ち付ける。弟がジャンケンに勝つと終了する。ルールは決まってない。

兄の仕事は看護師。仕掛けてきた兄。受ける弟はアホなのか?理不尽だ。父親が心筋梗塞になったきっかけに、看護師を目指した兄。

痛がっているところが面白いという兄。他のヒトにはしない。ツボもあるけど、反抗期の弟と話しかけるため。方法は間違ってる。

止めたくはない兄。弟が勝ったらやめる。兄が勝ったら、継続。優しい声のフリーザタイプの兄。

裏太ももが痛い。腹も痛い。専門家に聞く。谷均史氏に相談。痛点の多いところ。膝の裏。首まわり。おしり。ケツがベスト。

3秒声をださなかったらクリア。いきなり首をくらう。

弟の勝ち。脱ぐ兄。膝裏。泣き出す兄。弟の勝ち。お尻。耐えた。どちらも半裸で連続。

18R、首。三連勝で首。耐えた弟。体が傷だらけ。アホや…。ひざ裏で兄が敗北。

寂しさと不安。反抗期が原因だった。握手で終了。看護師は他人の痛みをしっとけ。猫でも飼った?